ふぐ

展開クエリ:(ふぐ OR 河豚 OR フグ)

ふぐを使った定番料理

ふぐを使った定番料理は登楼されていません。

ふぐを使ったレシピ

9件のレシピがあります。並び:基本的順|材料少ない順
ふぐの唐揚げ
ボブとアンジー

ふぐは味が淡白ですので、油との相性がよく、唐揚げも人気です。ふぐにはコラーゲンが豊富で、肌のハリと弾力を保ち、シワを防いでくれます。添えのレモンを一緒にとれば、ビタミンCの働きでコラーゲンの生成を助けます。

材料:ふぐ,しょうゆ,小麦粉,揚げ油

ひと塩ふぐの重ね焼き
ボブとアンジー

ふぐの身には、グルタミン酸やイノシン酸、タウリンなどのうま味成分が含まれており、独自の甘味とコクを持っています。魚介類に多く含まれるタウリンは、血管や心肺機能を強化し、肝臓の働きを助けて余分なコレステロールを排出させてくれます。

材料:ひと塩ふぐ,生鮭,,酒,みりん,薄口しょうゆ,ゆず

ふぐの白みそ仕立て
ボブとアンジー

ふぐの背側の黒い部分にはセレンというミネラルが含まれています。セレンはビタミンEと似た働きをし、過酸化脂質の発生を抑えます。そのため、更年期障害予防などにも効果的です。

材料:ふぐ,かぶ,クレソン,だし昆布,水,白みそ

ふぐご飯
ボブとアンジー

ふぐは高たんぱく、低脂質でヘルシーな食材です。うま味成分としてタウリンが含まれ、余分なコレステロールを排出させてくれます。れんこんやしめじも食物繊維が豊富な食材ですので、コレステロール低下に働きかけてくれます。

材料:米,だし汁,ふぐ,れんこん,しめじ,さやいんげん,,しょうゆ,酒,塩,みりん

ふぐ雑炊
ボブとアンジー

ふぐは低脂肪でコラーゲンたっぷりの、女性にうれしい食材です。コラーゲンは肌のハリとつやを保ってくれます。コラーゲンの働きを生かすには、十分なビタミンCをあわせてとることがポイントです。

材料:ご飯,だし汁,,塩,薄口しょうゆ,酒,ふぐ,あさつき,針のり,金箔

ふぐのマリネ
ボブとアンジー

ふぐは淡白なので、マリネにもよく合います。玉ねぎに含まれる硫化アリルは、血液をサラサラにし、動脈硬化の原因となる血栓をできにくくする作用があります。ただし、流出しやすいですので、水にさらし過ぎないようにしましょう。

材料:ふぐ,小玉ねぎ,セロリ,パプリカ,マッシュルーム,チャービル,,すだち果汁,酢,しょうゆ,塩,こしょう,サラダ油,レモン果汁

ひと塩ふぐの天ぷら
ボブとアンジー

ふぐは高たんぱく、低カロリーで脂質が少なく、淡白な味わいの白身魚です。ビタミンB群やビタミンD、Eを含み、冷え性や肩こり、疲労などに効果が期待できます。また、しめじは食物繊維が多く低カロリーの食材です。

材料:ひと塩ふぐ,しめじ,菊の葉,,薄力粉,溶き卵,冷水,だし汁,みりん,しょうゆ,揚げ油,大根,しょうが,すだち

ふぐと白子の骨蒸し
ボブとアンジー

十分なたんぱく質をとりながら、カロリーは抑えられる、ダイエットにも向いた一品です。白子は特に栄養価が高く、滋養強壮にぴったりです。しめじや菊菜を増やせば、食物繊維もたっぷりとることができます。

材料:ふぐ,白子,酒,しめじ,菊菜,絹ごし豆腐,だし汁,塩,,青ねぎ,もみじおろし,みりん,ゆず果汁,しょうゆ

てっちり
ボブとアンジー

ふぐは高たんぱく質、低脂肪のヘルシーな食材です。また、ふぐは肌の弾力やハリにかかわるとされるコラーゲンを多く含んでいますので、美肌作りや生活習慣病予防が気になる方にはうれしい食材です。

材料:ふぐ,白菜,長ねぎ,生しいたけ,えのきたけ,春菊,にんじん,木綿豆腐,もち,,青ねぎ,もみじおろし,だし昆布,だし汁,ゆず果汁,しょうゆ