あゆ

展開クエリ:(あゆ OR 鮎 OR アユ)

あゆを使った定番料理


あゆを使ったレシピ

26件のレシピがあります。並び:基本的順|材料少ない順
あゆご飯
ボブとアンジー

あゆは筋肉や皮膚、血液を作るたんぱく質や骨を丈夫にするカルシウムを多く含んでいます。腹わたにはレチノールが含まれ、視力や粘膜を健康に保ち、病気の回復を早める滋養効果がある魚です。

材料:あゆ,塩,米,水,,酒,しょうゆ,青じそ

鮎ごはん
白ごはん.com

鮎は塩焼き以外にも、炊き込みご飯にすると美味しいんです。2尾で3~4人分楽しめる良さもあります。仕上げには香りのよい青じそなどをそえると、夏らしさも出て美味しさもアップ。ぜひお試しください。

材料:米,鮎,大葉,こしょう,醤油,みりん,酒

鮎の背越し洗い
シェフごはん

活きた鮎ならではのお造りですので、鮎釣りをする方にはぜひチャレンジしていただきたいですね。

材料:活鮎,茗荷子,白瓜,鮎蓼,海藻,白味噌,砂糖,酢,マスタード

鮎雑炊
ボブとアンジー

あゆはカルシウムをとても多く含み、その量はカルシウムが多いことで知られる牛乳以上です。また、ビタミンB群をバランスよく含み、代謝を活発にするので、夏バテ予防にぴったりの食材です。

材料:あゆ,,だし汁,塩,酒,しょうゆ,ご飯,刻みのり,あさつき

焼きあゆとなすの煮物
ボブとアンジー

なすには体を冷やす作用があり、のぼせ症や暑さに弱い人にお勧めです。あゆの高血圧症予防の効果に加えて、なすの「コリン」という成分にも血圧を下げたり、胃液の分泌を促したり、肝臓の働きをよくするなどの働きがあります。また、血管を強くするので、毛細血管からの出血防止の効果もあり、 旬の夏に食べることでより高い効果が得られます。

材料:あゆ,塩,なす,だし汁,みりん,しょうゆ

背ごしあゆのごま和え
ボブとアンジー

あゆを骨ごと食べる料理なので、カルシウムが豊富にとれ、その吸収を高めるビタミンDも含まれるので骨粗しょう症予防に効果があります。ごまにはDHAやEPAと同様に働く抗酸化物質が豊富なため、疲労回復効果があり、夏バテの方などにもお勧めです。

材料:あゆ,スナップえんどう,ごま,砂糖,酢,薄口しょうゆ

あゆ田楽
ボブとアンジー

あゆは良質なたんぱく質を多く含み、低脂肪。カルシウムの吸収を高めるビタミンDや貧血予防に欠かせないビタミンB12、骨の生成に不可欠なカルシウムなどを多く含んでいます。疲労回復の効果もあるため、夏バテをしやすいこの時期に是非食べていただきたい栄養バランスがよく、健康効果の高い魚です。

材料:あゆ,塩,みそ,砂糖,酒,みりん,すりごま,しょうが汁

丸ごと美味しい アユの唐揚げ
クラシル

アユのから揚げのレシピのご紹介です。アユは頭なども柔らかいので丸ごと美味しく召し上がれます。内臓の苦みなどもクセになる美味しさです。おかずにはもちろん、おつまみとしてもおすすめですので、ぜひお試しください。

材料:アユ,水,塩,片栗粉,薄力粉,揚げ油,キャベツ

フライパンで焼く アユの塩焼き
クラシル

フライパンで焼くアユの塩焼きレシピのご紹介です。アユの塩焼きと言えば、串に刺して囲炉裏で焼くのを思い浮かべるかと思いますが、お家で焼く場合は、フライパンでも焼くことができます。シンプルでとても美味しいので、ぜひお試しください。

材料:アユ,水,塩,サラダ油,レモン,大葉

炊飯器で簡単 鮎ごはん
クラシル

炊飯器でつくる鮎めしのレシピのご紹介です。一度オーブントースターで焼くことでアユが香ばしく香り、美味しいですよ。炊飯器に具材を入れて炊くだけなのでとっても簡単に作れます。生姜が良いアクセントになりますよ。是非お試しください。

材料:米,アユ,塩,生姜,水,しょうゆ,料理酒,みりん

あゆ菓子
ボブとアンジー

初夏の魚、あゆをかたどった季節を感じさせてくれるスイーツです。求肥はお米を粉にした白玉粉と砂糖が原料ですので、消化吸収がよく素早くエネルギー源になります。お茶うけやおやつにもぴったりですね。

材料:,卵,砂糖,薄力粉,水,白玉粉,片栗粉,サラダ油

鮎の塩焼き 青紫蘇おにぎり
シェフごはん

鯵やカマスなどの干物を焼いて、ほぐしたものを御飯とまぜておにぎりを作っても美味しいですよ!

材料:白飯,焼鮎,大葉紫蘇,梅干,塩,うま味調味料

山椒香る アユのポン酢ホイル焼き
クラシル

山椒香る、アユのポン酢ホイル焼きのご紹介です。アユと山椒の香りがよく合い、とってもおいしい一品です。ホイル焼きなので、オーブントースターで簡単にお作りいただけますよ。ごはんのおかずとしてはもちろん、おつまみとしてもおすすめですよ。ぜひお試しくださいね。

材料:アユ,水,塩,えのき,しいたけ,玉ねぎ,ポン酢,山椒,黒こしょう

あゆと三つ葉の卵とじ丼
クラシル

アユと三つ葉の卵とじ丼のレシピのご紹介です。香りの良いアユと三つ葉が食欲をそそる一品です。アユを一度オーブントースターで焼くことで、より香りを引き出しています。とても美味しいので、ぜひお試しください。

材料:ごはん,アユ,水,塩,玉ねぎ,三つ葉,溶き卵,しょうゆ,みりん,料理酒

おつまみにも アユの天ぷら
クラシル

アユの天ぷらのレシピのご紹介です。アユを丸ごと揚げているので、調理も比較的簡単で美味しい一品です。さっぱりとして美味しいアユです。おかずとしてはもちろん、おつまみとしてもおすすめですのでぜひお試しください。

材料:アユ,水,塩,薄力粉,溶き卵,冷水,揚げ油,大葉,もみじおろし

土鍋で 鮎の炊き込みごはん
クラシル

土鍋で作る、鮎の炊き込みごはんはいかがでしょうか。アユを一度焼いてから炊き込むことで、香ばしく仕上がります。ひと手間加えて、土鍋で炊いたごはんは格別ですよ。おもてなしなどにもおすすめの一品です。お試しくださいね。

材料:米,アユ,塩,水,昆布,かつお節,薄口しょうゆ,料理酒,みりん,生姜,大葉

アユの炊き込みご飯
クラシル

アユの炊き込みご飯のご紹介です。アユの爽やかな香りを生かすために、一度オーブントースターで焼いて香りを引き立たせた一品です。シンプルな味付けなので、アユの美味しさを楽しめますよ。是非、お試しください。

材料:米,アユ,水,塩,しいたけ,みりん,料理酒,しょうゆ,顆粒和風だし

アユのオリーブオイル煮込み
クラシル

アユのオリーブオイル煮込みのレシピのご紹介です。アユの香りとオリーブオイルの香りがよく、とても上品な仕上がりになる一品です。オイルに具材の旨味がしっかり引き出されているので、バケットなどをつけても美味しく召し上がれます。ぜひお試しください。

材料:アユ,水,塩,玉ねぎ,ニンニク,鷹の爪輪切り,オリーブオイル,黒こしょう

フライパンで簡単 鮎の甘露煮
クラシル

鮎を甘辛く煮た、甘露煮はいかがでしょうか。フライパンでとっても簡単に、美味しく仕上がりますよ。今回は内臓を取っていますが、お好みで取らずに、そのままでも美味しいですよ。ぜひお試しいただきたい一品です。

材料:アユ,生姜,水,料理酒,きび砂糖,しょうゆ,みりん,笹の葉

鮎と夏野菜天丼
シェフごはん

材料:鮎,かぼちゃ,茄子,赤ピーマン,インゲン,万願寺唐辛子,つばめ生姜,小麦粉,ご飯,冷水,卵,揚げ油,出汁,みりん,しょうゆ,砂糖

椀 子持ち鮎の焼きおにぎり 松茸
シェフごはん

材料:子持ち鮎,松茸,分葱の緑部分,白米,水,利尻昆布,かつおぶし,清酒,塩

あゆと野菜のホットドレッシング
ボブとアンジー

あゆはn-3系脂肪酸のEPAやDHAを含み、コレステロールの低下作用や生活習慣病の予防効果も期待されている魚です。たっぷりの野菜と一緒にとることでいっそう生活習慣病予防に役立つメニューです。

材料:あゆ,トマト,玉ねぎ,グリーンアスパラガス,にんじん,うど,,みりん,薄口しょうゆ,酢,サラダ油,赤唐辛子,塩

タルタルソースでいただく 鮎フライ
クラシル

鮎フライのご紹介です。淡白な味わいのアユをカラッと揚げ、らっきょうの酸味が効いたタルタルソースを合わせました。お好みでパン粉に、お好みの乾燥ハーブを混ぜるとまた違った味わいが楽しめますよ。ぜひお試しくださいね。

材料:アユ,料理酒,塩,薄力粉,溶き卵,パン粉,揚げ油,ゆで卵,らっきょう漬け,マヨネーズ,黒こしょう,フリルレタス

若あゆ
NHK みんなのきょうの料理

あゆの顔は、熱した金串をあてるだけだから意外と簡単!ホットプレートを使って、みんなでつくっても楽しいです。

材料:卵,砂糖,はちみつ,みりん,水,薄力粉,重曹,白玉粉,コーンスターチ,サラダ油

洋風あゆ菓子
ボブとアンジー

夏の訪れを感じさせるあゆ菓子です。卵や牛乳には、ビタミンAやE、キウイにはビタミンCが多く含まれています。紫外線対策に欠かせない抗酸化作用がある、様々なビタミンを摂取できます。

材料:,卵,砂糖,薄力粉,コーンスターチ,バニラエッセンス,水,ラム酒,卵黄,牛乳,生クリーム,キウイ,パイナップル,黄桃

きゅうりとあゆのたで酢みそ
ボブとアンジー

あゆと言えばたで。たでの茎や葉に含まれたタデオールという辛味成分は、味覚神経を刺激して食欲を増進させ、消化を助けます。さらに、毒素を消す働きもあり、料理や薬用に重宝されています。

材料:きゅうり,あゆ,,たでの葉,白みそ,卵黄,薄口しょうゆ,酢,煮切り酒,青寄せ,ラディッシュ,塩,昆布,氷