枝豆

展開クエリ:(枝豆 OR えだ豆 OR えだまめ)

枝豆を使った定番料理


枝豆を使ったレシピ

637件のレシピがあります。並び:基本的順|材料少ない順
えだまめとソーセージの炒め物
シェフごはん

短時間でできる、お弁当のおかずやおつまみによい一品。 茹でえだ豆は時間をかけて煮崩すことなく、豆が硬いうちにあげて、歯ごたえを残します。 ソーセージの代わりに、厚切りベーコンや辛みのあるチョリソーでアレンジしても美味しいです。

材料:茹でえだ豆,粗挽きソーセージ,水,コンソメ,塩,白コショウ

冷やしえだまめ豆腐
シェフごはん

・今が旬の枝豆を葛でまとめて黒蜜ををかけたヘルシーな和風デザートです。 ・枝豆はさやから出すとだいたい70gくらいになります。 ・練るときにあまり火を入れすぎるとかたくなって、なめらかな口あたりに仕上がりませんので、 はやめに火からはずして下さい。

材料:枝豆,昆布出汁,葛粉,木の芽,4の塩水,水,黒ざとう,上白糖,酢,水あめ

和の冷製枝豆スープ
味の素パーク レシピ大百科

ズッキーニや牛乳を使った人気の汁物レシピです。

材料:ズッキーニ,大根,にんじん,ほんだし,クノールカップスープ冷たい牛乳でつくるえだ豆のポタージュ,牛乳

えだ豆ご飯
ボブとアンジー

体重が減っても肌のハリがなくなっては努力も水の泡です。えだ豆は女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンや、カリウム、カルシウムなどのミネラル、ビタミンA、B群、C、食物繊維などが含まれた優れた食材です。

材料:米,塩,酒,えだ豆

簡単えだ豆ご飯
ボブとアンジー

えだ豆は未熟な大豆のことで、豆と野菜の両方の栄養を備えている優れた食材です。たんぱく質や、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどのミネラル、ビタミンA、B群、C、食物繊維などを含んでいます。

材料:米,えだ豆,だし汁,酒,塩

えだ豆のヴィシソワーズ
ボブとアンジー

えだ豆には代謝にかかわるビタミンB群がバランスよく含まれていますので、脂質、糖質、たんぱく質の代謝をよくして、疲労を回復する働きが期待できます。夏バテ予防に役立つスタミナアップメニューです。

材料:えだ豆,玉ねぎ,バター,小麦粉,ブイヨン,牛乳,生クリーム,塩,こしょう

えだ豆の豆乳蒸しパン
ボブとアンジー

えだ豆は大豆の未熟豆で、豆と野菜の両方の栄養的特徴をもった緑黄色野菜です。えだ豆のたんぱく質に含まれるメチオニンは、ビタミンB1、ビタミンCとともにアルコールの分解を促し、肝機能の働きを助けます。

材料:えだ豆,砂糖,ホットケーキミックス,豆乳

えだ豆といかの和え物
ボブとアンジー

低カロリーでありながらビールのおつまみにピッタリの一品。えだ豆にはビタミンB1が豊富に含まれ、スタミナ不足の解消に効果的です。また、えだ豆のメチオニンやいかのタウリンが肝機能を高めるので、飲みすぎや二日酔い防止にもなります。

材料:えだ豆,塩,紋甲いか,,しょうゆ,米酢,ごま油,粉山椒

えだ豆とこんにゃくの炒め物
ボブとアンジー

こんにゃくは低カロリーで食物繊維が豊富な、ダイエット中の方にうれしい味方です。えだ豆にも食物繊維が多く含まれており、腸内で水分を吸って膨張し、満腹感を与えることで、食べ過ぎ予防に役立ちます。

材料:えだ豆,糸こんにゃく,赤唐辛子,サラダ油,酒,しょうゆ

「クノール カップスープ」冷たい牛乳でつくる えだ豆のポタージュ
味の素パーク レシピ大百科

冷たい牛乳を混ぜるだけで簡単に作れる、冷たいスープ☆えだ豆とミルク、ブイヨンが溶け込んだコクがあるまろやかな味わいのポタージュです

材料:クノールカップスープ冷たい牛乳でつくるえだ豆のポタージュ,牛乳

えだ豆と明太子の炒り豆腐
ボブとアンジー

低カロリーの豆腐をメインにした、栄養豊富でヘルシーなメニューです。えだ豆はたんぱく質や、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどのミネラル、ビタミンA、B群、C、食物繊維など、豊富な栄養を含んでいる食材です。

材料:木綿豆腐,明太子,えだ豆,ホールコーン,青ねぎ,鶏がらスープの素,酒

えだ豆入りおからサラダカレー風味
ボブとアンジー

えだ豆は代謝を促すビタミンB1が多く、夏バテ予防に適した食材です。また、低脂肪、高たんぱくのヘルシーなおからは、サラダにして子どもにも食べやすいレシピです。おからは食物繊維が豊富なので、便秘予防にも適しています。

材料:おから,えだ豆,ハム,にんじん,玉ねぎ,塩,こしょう,砂糖,レモン果汁,マヨネーズ,プレーンヨーグルト,カレー粉

えだ豆とミニトマト入り春雨サラダ
ボブとアンジー

身体のもとになる骨や血液をつくる栄養素が豊富のえだ豆と、夏野菜の代表ともいえるミニトマトは、夏の暑さや紫外線で弱った体を助けます。旬の野菜をたっぷり使ったサラダは、節約と健康維持にもってこいのメニューです。

材料:春雨,えだ豆,ミニトマト,きゅうり,かにかまぼこ,もやし,塩,こしょう,酢,,ぽん酢しょうゆ,砂糖,ごま,ごま油

えだ豆とじゃこのさっぱり混ぜご飯
ボブとアンジー

えだ豆は、たんぱく質、ビタミンA、B1、B2、C、カルシウム、食物繊維を含む、豆と野菜の両方の栄養素を合わせて持つ優秀食材です。また、ちりめんじゃこにはカルシウムが豊富に含まれています。

材料:ご飯,えだ豆,ちりめんじゃこ,いりごま,すし酢

おからの煮物
ボブとアンジー

おからは低カロリーの植物性たんぱく質で、食物繊維が豊富な食材です。食物繊維は腸内で膨張し満腹感を与えて食べ過ぎを予防し、便秘を改善しますので、ダイエット中の方にお勧めの食材です。

材料:おから,にんじん,干ししいたけ,糸こんにゃく,えだ豆,サラダ油,,だし汁,みりん,しょうゆ

トマトゼリー
ボブとアンジー

トマトに含まれているビタミンCは、コラーゲンの生成を促して、肌のトラブルを回復させ、スキンケアに効果があります。コラーゲンが多く含まれるゼラチンとは、美肌作りに役立つ組み合わせです。

材料:ホールトマト,コンソメスープ,板ゼラチン,えだ豆,トマト,セルフィーユ

ちりめんじゃことえだ豆のおにぎり
ボブとアンジー

えだ豆は大豆の未熟豆のことで、豆と野菜の両方の栄養的特徴を持っています。たんぱく質だけでなくビタミン類や食物繊維を含みます。カルシウム量の多いちりめんじゃこをプラスすると、栄養価はさらにアップします。

材料:ご飯,ちりめんじゃこ,えだ豆,塩

わかめしんじょの揚げ物
ボブとアンジー

わかめは便秘改善に働く食物繊維や、抗酸化作用があるβ-カロテン、骨を強くするカルシウム、高血圧を予防するカリウムなどを含む栄養が豊富な海藻です。毎日の食卓に取り入れたい食材ですね。

材料:,白身魚,卵白,大和いも,だし汁,塩,生わかめ,えだ豆,揚げ油,山椒塩

水無月豆腐
ボブとアンジー

消化のよい豆腐や大和いもをさらにすりおろしていますので、とても口当たりがやさしく、消化のよいメニューです。胃腸の調子が悪い方や、高齢の方のたんぱく質や糖質補給にお勧めのメニューです。

材料:木綿豆腐,山いも,,酒,薄口しょうゆ,砂糖,塩,卵白,だし汁,えだ豆,片栗粉

はもの寒天寄せ
ボブとアンジー

はもはビタミンAを多く含み、免疫力アップや肌の健康によい魚です。うににもビタミンAやEが豊富に含まれていますので相乗効果が期待できますが、コレステロールも多く含んでいますので食べ過ぎは禁物です。

材料:はも,,酒,塩,くず粉,えだ豆,うに,棒寒天,だし汁,みりん,薄口しょうゆ

パイナップルの白和え
ボブとアンジー

食物繊維を多く含むパイナップルやしいたけ、こんにゃくを使った便秘改善に役立つメニューです。えだ豆にはビタミンB群がバランスよく含まれ、脂質、糖質、たんぱく質の代謝に働きますので、ダイエットにいっそう役立ちます。

材料:パイナップル,こんにゃく,にんじん,生しいたけ,えだ豆,,薄口しょうゆ,みりん,だし汁,木綿豆腐,ごま,砂糖,塩

あじのみそ焼き
ボブとアンジー

あじはほかの魚に比べてカリウムが多いのが特徴です。カリウムは余分なナトリウム(塩分)を排出してくれる働きがありますので、味付けが濃いものを食べるときには意識して摂取するようにするとよいでしょう。

材料:あじ,酒,塩,,白みそ,みりん,赤みそ,だし汁,砂糖,れんこん,酢,えだ豆

中華風茶碗蒸し
ボブとアンジー

卵は必須アミノ酸を全て含んだ理想的なたんぱく質食品です。特にメチオニンを多く含み、肝機能強化や冷え性改善、病後の体力回復に効果があります。ビタミン、ミネラル類も豊富ですので、抵抗力を高めたり、美肌、貧血、情緒不安定などに役立ちます。

材料:卵,,チキンスープ,酒,しょうゆ,塩,生しいたけ,かに身,えだ豆,水溶き片栗粉

えびとえだ豆の南禅寺蒸し
ボブとアンジー

えびは、コレステロールを下げるとされているタウリンを豊富に含んでいます。また、豆腐に含まれる大豆サポニンは、血中コレステロールの酸化を防ぐとされるので、動脈硬化予防などに役立つ組み合わせです。

材料:えび,えだ豆,木綿豆腐,卵白,塩,,だし汁,みりん,しょうゆ,くず粉,水,わさび

蒸しなすとえだ豆の中華サラダ
ボブとアンジー

なすは水分が多く、低カロリーの食材です。また、電子レンジを使用することで、油の使用量を抑えることができます。電子レンジは手軽におつまみを作ることができ、簡単にカロリーが抑えられますので上手に活用しましょう。

材料:なす,えだ豆,,しょうゆ,酢,砂糖,ごま油,豆板醤,長ねぎ

えびとえだ豆の白みそソース
ボブとアンジー

えだ豆は大豆の若い実ですが、分類は豆ではなく野菜になり、大豆にはないビタミンCが含まれています。えびには栄養ドリンクなどに添加されるタウリンが含まれ、えだ豆との組み合わせが疲労回復効果を高めます。

材料:むきえび,えだ豆,酒,塩,,白みそ,マヨネーズ,マスタード,しょうゆ

ツナとえだ豆のチーズきんちゃく
ボブとアンジー

えだ豆は大豆の未熟豆で、豆と野菜の両方の栄養的特徴をもっています。大豆には含まれていないビタミンA、ビタミンCも含みます。緑色が濃くて、豆が大きく、さやがふっくらしているものを選びましょう。

材料:油揚げ,ツナ,えだ豆,ピザ用チーズ,塩,こしょう

切り干し大根入り卵焼き
ボブとアンジー

切り干し大根はカルシウムや鉄分、食物繊維が豊富です。卵焼きに入れることで、良質なたんぱく質も一緒にとれ、栄養バランス満点のおかずになります。

材料:,切り干し大根,油揚げ,にんじん,だし汁,砂糖,酒,しょうゆ,塩,卵,えだ豆,サラダ油

淡い春~お野菜の旨味エビ塩あんかけ~
シェフごはん

人参など固さのある野菜は甘味が出る柔らかい状態に火を通します。油で焼いて食べれる野菜を入れるとコクも出ます。エビは出汁として旨味が広がり、その旨味をあんかけで閉じ込めて野菜にかけて活かして。

材料:人参輪切り,ブロッコリー,レンコン水煮,カブくし型,菜の花,赤パプリカ,黄パプリカ,焼き油,ムキエビ,水,塩,冷凍えだまめ,カツオ風味調味料顆粒,水とき片栗粉

えびしんじょの煮物
ボブとアンジー

低脂肪、低カロリーのえびはアミノ酸バランスにすぐれた食材です。豊富に含まれるタウリンには肝臓の働きを助ける効果があるとされていますので、疲れ気味の時やアルコールを伴う席にぴったりのメニューです。

材料:えび,片栗粉,山いも,,溶き卵,塩,酒,薄力粉,しょうが汁,えだ豆,しめじ,だし汁,砂糖,しょうゆ,針しょうが

もっとみる